よくある質問

Q : 病院で投薬していますが鍼は受けても良いですか?

A : 西洋医学の投薬中でも鍼灸はお受けになれます。

当院には不妊治療中の方が多く通院されています。治療中の方のお身体は、人工授精の時、体外や移植・採卵の時などそのタイミングによって体調や症状が微細に変化しますので、初めて不妊のはりをお受けにる場合は、不安や疑問点をきちんと整理して検査結果を持参されるなど細かくお伝え下さい。

蒼の森鍼灸院では、不妊専門の認定を受けたカウンセラー※1が施術いたしますので、お気軽にご相談下さい。

※1:不妊カウンセラー:日本最大の「日本不妊カウンセラー学会」の認定カウンセラー

子供の鍼はできますか?

はい、当院は「小児鍼」にも対応しています。

当院には、ベビーシッターの認定を受けた経産婦の女性鍼灸師が対応しておりますので、気軽な感じで育児の相談をしながらみなさん通院されています。小さなお子さんは気の巡りが良いため、ごく短期間で回復されるケースが多く、なるべくお薬に頼りたくない自然派育児のお母さんに好評です。

【年齢】 0才から満10才まで

【通院頻度】 目安として、週1~2回の頻度で約1ヶ月間通院

【有効な不調】

夜泣き、疳の虫、虚弱体質、食欲不振、便秘、寝つきが悪いなど、体調面で気になる事がありましたら、お気軽にご相談ください。

妊娠した後でもそのまま通う事はできますか?

はい。当院は、妊娠された後でも継続して通院いただけます。

蒼の森鍼灸院で、妊娠・出産・子育てを経験した女性鍼灸師が対応しておりますので、妊娠中のさまざまな不調や不安、育児相談など、気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

安心して妊婦生活を送っていただけるよう、肩こり、腰痛、不眠、つわり、冷え対策、便秘、逆子の鍼灸施術など、妊娠時期に合わせた「マタニティー鍼灸」にも細かく対応しており、より健やかな出産へ導いています。

男性不妊なので夫婦で鍼を受けたいのですが。

当院は女性専門ですので男性はお断りしておりますが、出張でしたらお引き受けしております。 ①2名様以上でご予約下さい。 ②出張します。(範囲は当院から2キロ以内) ③出張料金がかかります。(別途5,400千円) ③前払いです。(予約完了後のキャンセルは不可)

鍼灸はいつからスタートすれば良いですか?

不妊症の鍼灸治療の場合は、『赤ちゃんがほしい』『望んでいるんだがなかなか授からない』そう思われた時がベビーを迎える準備をする第一歩です。日本では約47万人組のカップルが何らかの不妊治療を受けています。治療を受けられずに、また、受けずに悩んでいるカップルを入れたらもっと多いのではと推測できます。ご夫婦が二人の赤ちゃんに出会う為に何らかの不妊治療を受ける事は今の時代特別な事では無いと感じています。
  女性の場合は残念ながら妊娠可能な年齢にはリミットがあります。年齢に合った治療計画を立ててぜひ早い時期から始める事をお薦めします。悩んでいるのであればまずは前進・・・トライしてみてください。
  体の不調を感じた場合、まずご自分で原因を考えてみてください。すぐにでも対処すべき症状もありますが、不良姿勢や日常の不摂生からくるものも以外と多かったり、偏った食事や質の悪い睡眠が原因の場合、運動不足や体質からくるものなのか?など、自分自身で『気付く』事から自分で改善できる事も以外と多くあります。もちろん相談もお受けします。

不妊以外の腰痛や肩こりなどの症状の場合はどのくらいで良くなりますか

不妊以外の他症状の場合、基本的に急性期は1~3・4回の通院で改善がみられます。慢性的になると、週1回をめどに、1ヶ月~半年程度と少し期間がかかる場合があります。

生理中なのですが受けられますか

生理中でもお受けになれます。生理中はお肌が敏感ですので痛みが増すようでしたら、刺激量を調整したり使用する鍼をさらに極細に変えるなど対応いたしますので施術前にお声かけをお願いします。

鍼はいつから始めればいいですか

鍼灸はどの時期どのタイミングからでも始められます。例外として、高熱が4日以上続いた後解熱してから1週間以内、微熱が2週間以上続いている場合は施術をご遠慮いただいております。

鍼の本数は多い方が効果がありますか

鍼の本数によって効果が変わる事はありません。あくまでもその日の身体の状態に合わせて鍼の数を調整しています。

着替えは持っていったほうがいいですか

治療用のお着替えは用意しております。いつもの服装でお越しください。

冷えがひどいのですが改善しますか

当院では「遠赤外線センサー」「カッピング」「お灸」を用いて冷えに対する体質改善を行います。遠赤外線センサーは血流を改善し細胞や組織の活動を促進させる効能があり、カッピングは毛細血管を刺激して新陳代謝を高めます。 当院では、それらと鍼・灸を組み合わせる事で冷えの入りにくい身体を作ります。

夫も鍼をしてもらえませんか

大変申し訳ありませんが、当院は女性専門の鍼灸院ですので施術はお受けできません。

鍼は副作用はありますか

鍼は長い時間をかけて身体を改善していく治療法ですので副作用はありません。

鍼をした当日はお風呂に入れますか

鍼をさした皮膚は抜鍼後すぐにふさがりますので当日入浴しても問題ありません。

鍼をした後すぐ食事をしてもいいですか

鍼灸後は、血の巡りが整い副交感神経が高まりますので通常より食欲が増します。食べすぎには注意し、同時に水分も忘れずに補給して下さい。

鍼灸治療をした後は運動しないほうがいいですか

鍼灸治療を始めたばかりの方は現れてくる反応が不安定ですので、体調が良くても激しい運動は控えて当日はゆっくりお過ごし下さい。

移植の当日に鍼をしたほうがいいのですか

移植前、当日、移植後の5日間をご案内しております。来院可能であればお越し下さい。

自分で出来る事はありますか

不妊鍼灸で通院されている方にはご自宅でお灸をしていただいております。

良い不妊専門の病院はありますか

当院には様々な病院に通院されている方がいらっしゃいますので、カウンセリング時にご希望をお話くださればアドバイスをさせていだだきます。

高齢ですが不妊鍼灸はできますか

当院で45歳5ヶ月の方が出産しています。体外受精にステップアップされる前に7ヶ月間体質改善をされ、2回目の移植で妊娠されました。その後、安定期に入ってからも月2回ほどお身体のメンテナンスの為通院され順調に出産されました。

どのくらいの期間通院すれば体は変わりますか

目安としては3ヶ月~半年間ほど通院いただくと約6割以上の方に複数の身体の改善を感じていただけるなど、良い成果も期待できます。

不妊鍼灸の場合はどのくらいの頻度で通院してますか

不妊鍼灸の場合は月に4回ほど(週に1回)をすすめています。ただ、生理周期の乱れがある方や基礎体温が二相性でない場合は通院頻度を調整していきます。さらに、排卵や採卵、移植などにあわせた施術も行います。無理の無いようご一緒に検討していきますので、来院時にご希望をお話下さい。

鍼は痛く無いですか

鍼の太さは髪の毛ほどの細いものですので痛みはほとんど感じません。さらに美顔用の極細の鍼も用意しております。初めて鍼を受けられる方には施術に慣れるまでは途中途中でお声がけしながら進めて参りますのでご安心下さい。