患者様データ

不妊鍼灸を受けようか迷われている方にとって、少しでも参考になればと思い、当院に不妊鍼灸を受けにいらっしゃった患者様のデータをまとめました。
データはすべて、直近3年間に初診に来られた患者様を対象としています。

治療期間

不妊治療歴と妊娠に至るまでの期間

当院に初めて来られた方の不妊治療歴の平均は約1年11ヶ月ですが、当院に通い始めてから妊娠に至るまでの平均期間は約7ヶ月と、半分以上縮まっていることが分かります。
特にストレス過多の方や冷え性がある方は、それらの改善がみられた後、比較的早い段階で妊娠しています。

当院への通院期間

当院への通院期間を詳しくみてみると、3ヶ月未満で妊娠される方が30%と、割合的には1番多くいらっしゃいます。
その一方で、2年以上通われた方もいらっしゃり、患者様によって個人差があることが分かります。
ただほとんどの方は、初診時点の不妊治療期間よりも、当院へ通い始めてからの治療期間の方が短くなっています。

患者様の年齢

平均年齢は36.5歳です。
20代の割合は4%と少ないですが、昔に比べると増えています。
また、35才を過ぎると体のさまざまな機能低下が起こるので、それにともない通院を考える傾向があるようです。

通院頻度

自然妊娠・人工授精の方
平均12日に1回
体外受精の方
平均7日半に1回(採卵周期・移植前後の時は週2回と増やして通院する方が多い)

どの治療ステージの方も、月経周期に合わせて週1回ペースで通っていただくのがベストだと考えています。
しかし、お仕事などで忙しい方や、ご予算の都合などもございますので、相談しながら通院頻度を決めていきます。

不妊治療ステージ

タイミング法・人工授精をされている方のほとんどが体外受精を視野に入れながら通院されており、その方々はだいたい3ヶ月以内にステップアップして体外に移行しています。
また、体外受精をされていても、内膜が厚くならなかったり、採卵ときの卵胞のグレードが悪い・または分割が途中でストップするなどが続いた場合は、不妊治療を中断される方もいらっしゃいます。