当院の不妊鍼灸について

妊娠力を高めます

蒼の森鍼灸院は、
東洋医学に基づく不妊の鍼灸治療を行っています

健康な体とは、陰陽バランスが取れていて、「気・血・水」がスムーズに流れている状態です。さらに、生殖をつかさどる「」の力を補う事と、心を穏やかに保つ「」を調整する治療をプラスする事で、妊娠力をさらに高めていきます。鍼灸で土台のしっかりした体を保つ事で、妊娠への成功率を飛躍的に高めていきます。

不妊の原因である
[腎]と[肝]の働きを改善

  • 腎生殖を司どる「腎」を健やかに保ち
    妊娠に向けた身体作りを

    腎には、現代医学で言う卵子精子遺伝子、そしてホルモンに相当する「腎精」という生命エネルギーが貯蔵されています。腎が不足すると、疲れやすくなったり老化を早めたり、子宮環境が不安定になったり卵巣の力も弱くなります。男女とも、腎を健やかに保ち生命エネルギーを高める事が妊娠への近道です。

    温める作用が低下して冷えやすくなる腎陽虚タイプと、温める作用が過剰になりすぎて体に熱がこもる腎陰虚タイプがあります。

  • 肝血を貯蔵し血の量を調節したり
    感情の変化に深く関係

    肝は、感情の変化に関係しているので、肝気が過剰になるとイライラしたり怒りっぽくなりやすく、反対に不足するとうつ状態になったりします。また、血の貯蔵と流れにも関係していて、受精卵を受け入れられるように子宮のコンディションを整える働きもあります。長期に及ぶ不妊治療などのストレスは、気血の巡りを整えて上手に発散し心を穏やかに保つ事が大切です。

    気をスムーズに行き渡らせる事が出来ない状態を肝気鬱血タイプといいます。

タイプ別施術方法

  • 冷えやすい方

    もともと腎の弱い人・不摂生などにより腎を温める陽気が不足して冷えやすくなっている人が多く、子宮を温めることが出来ず妊娠しにくい体になっています。

    体に冷えが入らないようにする事と、腎精を補い気の巡りを整える施術を行います。

  • のぼせやすい方

    手足が火照ったり、寝汗をかいたり、温める作用が亢進している人は、体を潤す陰液が不足してゆき熱が体に滞ってしまいます

    腎精を整え熱を冷まして分散させる事で、寒熱バランスを整える施術を行います。

  • 怒りっぽい・
    寝つきが悪い方

    精神的なストレスや長期間に及ぶ不安や悩みなど抱えていると、肝の機能低下が起り、卵巣や子宮などに十分に栄養が届きにくくなります。そうすると、排卵が不安定になったり、受精がうまくいってもなかなか着床しにくくなったりします

    全身の気の巡りを整えて肝の働きを助けストレスを軽減させる施術を行います。

冷えの改善方法

ぽかぽかの温かい体は
赤ちゃんだって居心地がよいのです

不妊治療をされている方の約8割以上の方が足先の冷えを感じていて、さらにお腹周りの冷えも伴っている方はなんと9割以上います。頑固な冷えが伴っている場合はまず一番に冷えを取り除く事が大切です。

恒温動物である人の最適体温は37度前後だと言われています。体温が上がると体内では酵素の化学反応が起りやすくなり、お休みしていた細胞が目覚めて基礎代謝が上がり血流が良くなります。

当院では、遠赤外線センサーとカッピング療法も組み合わせる事で全身から体をぽかぽかに温めていく治療を行います。さらに、胃腸や卵巣・子宮、四肢末端にも充分な栄養がいきわたらせる事で内臓の代謝を上げて体質改善を図ります。

  • 改善方法その1
    遠赤外線センサー

    当院では、冷えの激しい方にはまず「遠赤外線センサー」を用いて早急に冷えを取り除いていきます。

    遠赤外線センサーは血流を改善さたり細胞や組織の活動を促進させる効能のある温熱療法です。照射された赤外線は人体に吸収されながら体内に透過していき深部をやさしく温めてしつこい冷えを取り除いていきます。

  • 改善方法その2
    カッピング療法

    中国では一般の家庭でも普通に使用されている民間療法で、当院では敏感な方・お子様にも用いております。

    カップで皮膚表面を陰圧に吸引する事で、皮膚の自律神経を刺激したり毛細血管の血流を促して新陳代謝を高めます。また、発汗作用・腰痛・肩こり・腰痛・便秘なども改善していきます。

卵胞の成長と鍼灸

卵胞の成長

卵巣にある卵胞は長い期間をかけて成熟し排卵されます。特に2次卵胞から成熟卵胞までの60日間は、卵胞の血流量が増加するため良質な卵胞を育てる上でとても重要な時期となります。さらに良質の卵胞は受精率や着床率にも大きく関与しています

卵胞の成長が遅い方・低温期が長い方には、卵胞が成長し始める60~90日以上前から鍼灸治療を行い気血の巡りを整えることで、自律神経の調整と骨盤内臓への血流改善を図ります。

通院について

  • 通院回数について

    目安は週1回です

    月に4回ほど(週に1回)通院していただく事で、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期それぞれに合わせた治療を行います。ただし、基礎体温が2相性でない場合や生理周期の乱れが大きい方は通院頻度を調整していきます。

    また、仕事や家庭の事情で通院が不規則になる場合は、無理の無いようご一緒に検討していきますので、当日来院時にあなたのご希望をお話下さい。

  • 通院期間について

    3ヶ月以上をお勧めします

    どのくらい通院するのですか?」とのご質問をよく受けますが、鍼の感受性や反応は一人一人違いますし、効果の現れ方もそれぞれ異なりますので、初期の頃にすぐには判断する事が難しいのです。

    ただ、3ヶ月~半年間通院していただけますと、6割の方で身体の改善を感じていただけ、なお良い成果が期待できます。

採卵・移植にあわせた
鍼灸治療の場合

採卵・移植前後5日間で行います

当院に通院中の8割の方が不妊専門のクリニックと併用して体質改善のために通院されています。そして、そのほとんどの方が胚移植日に合わせた鍼灸治療を取り入れています。

世界各国で「胚移植時に鍼治療を受ける事で妊娠率を上げる(*1)」という研究報告が多く出されており、日本においてもその認識が浸透されてきています。

体外受精を受けられている方には、採卵前、移植の前後1~5日以内に「着床鍼」を行います。また、卵胞の成長が遅い方・卵巣機能が低下している方には3ヶ月以上の期間をかけて低温期に行う「連続鍼」も組み合わせたオリジナル治療も行なっています。

妊娠とは元気な精子と元気な卵子の出会いが始まりです。出会いのチャンスを逃さないようサポートさせていただいております。

参考文献
*1 Manheimer E, Zhang G, Haramati A, et al:Effects of acupuncture on rates of pregnancy and live birth among women undergoing in vitro fertilization:systematic review and meta-analysis, BMJ. 2008 Mar 8
  • 排卵から着床時に合わせた
    着床鍼の場合

    排卵日前後5日間で行います

    排卵後、卵管膨大部で受精した受精卵は卵管を移動しながら約5日間かけて子宮にたどり着き着床します。そのタイミングにあわせて着床鍼を行います。

    排卵日前後5日間のベストなタイミングで「着床鍼」を行っています。

  • 採卵・移植の施術だけを希望

    ご希望の方は初診時にお申し出ください

    体質・持病・お体の状態を診察(四診)させていただいた上で、鍼灸の適応となった場合はお引き受けします。臨時施術ご希望の場合は、病院での検査結果を持参の上ご相談下さい。

不妊治療ステージに合わせた鍼灸

卒業のタイミング

  • タイミング・人工授精を
    されている方

    卒業は10週前後

    ホルモン補充をされて無い方は8-10週が卒業の目安です。

    ただ、無事卒業されても、約15%の確率で染色体異常や流産になる可能性もあります。その多くは胎児の問題ですのでしかたありませんが、その他、未然に防げる事はできるだけ引き金にならないよう、「冷え」「凝り」「疲れやすい」などは取り除いておく事です。

    何回か流産を繰り返している方や40才を過ぎている方は流産の確率も上がってきますので、安定期に入る16週までは施術をお受けになる事をお薦めしております。

  • 体外受精をされている方

    卒業は12週前後

    心音確認後が鍼灸の卒業の目安です。

    無事妊娠判定をいただいてもそこがゴールではありません。特に体外受精を受けている方の場合はホルモン補充をされているのでお体はまだまだ不安定です。東洋医学では、体の状態を全体からバランスよく診ていく医学ですので、冷えの防止、自律神経の安定、情緒面などを確認しながら、心拍確認から16週目の安定期まで通院するようお薦めしております